マタニティー歯科
MATERNITY

妊婦さんがかかりやすい妊娠性歯肉炎

世田谷区三軒茶屋の歯医者「たろう歯科クリニック」では、胎児や出産に悪影響を及ぼしかねない「妊娠性歯肉炎」から妊婦さんを守るため、「マタニティー歯科」に力をいれています。
こちらでは、当院のマタニティー歯科についてご紹介します。

妊娠するとさまざまな体調の変化が起こりますが、その中でも注意したいのが歯周病です。お腹の赤ちゃんに意識が集中し治療を受けずにいると、どんどん悪化し結果的に胎児や出産に悪影響を与える恐れがあることから、正しい対処法を知っておく必要があります。

妊娠中の歯周病を放置しないでください

妊娠中の歯周病を放置しないでください

妊娠すると、ホルモンバランスの変化によって歯周病になりやすいということをご存知ですか?実は、妊娠性歯肉炎という妊婦さん特有の病気があるほど、歯周病は妊娠とのつながりが強いのです。

はじめはほんの小さな歯茎の腫れでも、放っておくと炎症がみるみる広がって、全身にさまざまな影響を与えることから、妊娠中といえでも、毎日のオーラルケアをしっかりと行って、歯周病を予防する必要があります。

妊婦さんがかかりやすい妊娠性歯肉炎とは

子どもの歯は虫歯になりやすい

歯周病とは、細菌感染によって炎症が起こることにより、歯肉や歯根膜、歯槽骨などの歯周組織が破壊されてしまう病気で、炎症が歯肉にとどまっている歯肉炎と、歯根膜や歯槽骨まで広がる歯周炎の二つに分類されます。

そして、妊婦さんに起こりやすい歯周炎を妊娠性歯肉炎といいます。妊娠中は、ホルモンバランスの変化だけでなく、つわりによる吐き気がひどくなることで、食生活が不規則になったり、歯磨きが不十分になったりして、結果的に歯肉炎のリスクが高くなるのです。

また、歯肉炎のほかに、妊娠中は妊娠性エプーリスと呼ばれる良性の腫瘍が歯茎にできやすいため注意しましょう。妊娠性エプーリスは歯肉炎と違い、放っておいても出産後に自然になくなっていることが多いのですが、悪化すると歯肉や歯槽骨の切除が必要になることもあります。

妊娠中におすすめの歯周病予防

体調がよい時にしっかり歯を磨く

つわりがひどくて歯磨きができない場合は、体調がよい時間帯に重点的に歯を磨いておきましょう。また、歯ブラシを口に入れると気分が悪くなるという人は、子供用の小さな歯ブラシを使うことで軽減されるほか、歯磨剤のにおいが苦手な妊婦さんには、何も付けずに磨くノンペーストブラッシングがおすすめです。

水分をしっかり摂る

お口の中が乾燥していると、歯周病の原因となる細菌が繁殖しやすくなるため、こまめに水分を摂ってお口の中を潤しましょう。ただし、糖分を含むジュースや炭酸飲料、牛乳などの乳飲料は、プラーク(歯垢)ができる原因となるため、お水やルイボスティーのようなフェインを含まない無糖の飲み物がベストです。

ガムを噛む

ガムを噛むことで、唾液腺が刺激されて唾液の分泌が促されます。その際は、キシリトールの含有率が高い歯科用のガムを選ぶと安心です。ただし、体調が悪くガムを噛むことが難しいという時は、顎の下などにある唾液腺を軽くマッサージするだけでも、唾液の分泌を促進する効果があります。

      
歯医者で歯石を除去してもらう

普段の歯磨きではお口の中の汚れを十分に取り除くことができないため、定期的に歯科を受診し、歯垢や歯石を除去してもらうことで確実に歯周病を予防することができます。受診の際は、必ず母子手帳を持参し、受付で妊娠中だということを伝えてください。




    

マタニティー歯科 Q&A

Q1.妊婦さんが歯科治療を受けられるタイミングは?

A1.妊娠16~28週(5~7ヶ月)の妊娠中期になると安定期に入るため、通常の歯科治療が受けられます。妊娠初期に歯周病などの気になる症状がある場合は、母体の負担にならないような応急処置をしてもらい、安定期になってから治療をはじめるといいでしょう。

Q2.妊娠中にレントゲンを撮っても大丈夫ですか?

A2.歯科用レントゲンではお腹の赤ちゃんに直接X線が当たることはなく、しかもX線防護用のエプロンを着用するので問題はありません。だたし、当院では特別に必要性が高いケースを除き、妊娠中には極力レントゲン撮影を行わないようにしています。

Q3.麻酔が赤ちゃんに影響することはありませんか?

A3.歯科治療で使用する麻酔は、局所麻酔のため薬液の量も少なく、注射した部分で分解されるので、お腹の赤ちゃんに影響することはありません。ただし、過去に歯科治療の麻酔でアレルギーが起きたり、気分が悪くなったことがある方は、事前にお知らせください。

細菌の母子感染の予防

出産直後の赤ちゃんの口腔内には、虫歯や歯周病の原因菌は存在しません。これらの細菌は、歯が生える時期にご家族などの身近な大人から感染します。そして、もっとも身近な感染ルートは、母親からの感染、「母子感染」です。

特に乳歯の奥歯が生えてくる1歳半から3歳くらいの時期は、「感染の窓」と呼ばれ、虫歯菌に感染する可能性が高い時期になります。食べ物の口移しや同じスプーンの使用などで、虫歯菌がお子様に感染します。この「感染の窓」と呼ばれる母子感染が起こりやすい時期に、母親ご自身がお口の中の衛生環境を意識的に整えることで、細菌感染の時期を遅らせ、お子様の歯を虫歯になりにくくすることができます。

可能な限り妊娠中に、出産後であれば歯が生え始める前に、母親ご自身の虫歯・歯周病を治して、口腔内を清潔に保ち、母子感染を予防しましょう。

CONTACT

三軒茶屋駅より徒歩2分

   〒154-0024
東京都世田谷区三軒茶屋2-11-18

tel.03-5787-5248

診療時間
10:00-20:00
( 土:10:00-18:00 )
( 日: 9:00-14:00 )

ドクターズ・ファイル

病院検索ホスピタ